Orca's eye patch trimming060915.jpg

2017年06月17日

目視報告 6月17日 梶・工藤・重松・古巻

本日の発見:カマイルカ13群83頭

北大鯨類研究会です。
土日が久しぶりによい天気でしたが風で白波がたって目視はしづらい海況でした。

本日もカマルカの発見がありました。今までと同様陸奥湾内でよく見られ、函館側ではあまり発見できませんでした。

いつまで大群が見られるのか気になります。

(古巻)
posted by 北海道大学鯨類研究会 at 19:10| Comment(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

目視報告 6月10日 安宅・工藤・筈見・古巻・重松

こんにちは!
本日の目視報告です。
今回は、カマイルカ7群88頭を発見しました。

カマイルカのシーズンが終わりに近付きつつありますが、本日も無事カマイルカを見ることが
でき、よかったです。

出港前の天気は荒れ、出港後の海況も芳しくありませんでしたが、陸奥湾に入ると3群の
カマイルカに遭遇しました。帰りは天候が回復してより多くのカマイルカを見ることが出来ました。

晴れた海に跳ねるカマイルカの群れを見られるこの時期に何とかフェリー目視に参加でき、
充実した気分です。

次回の目視でもカマイルカが見られることを祈ります。

posted by 北海道大学鯨類研究会 at 19:11| Comment(0) | 新・目視のページ(2013.11月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

目視報告 2017年6月4日 鈴木・的場

こんにちは!北大鯨類研究会です。

本日も津軽海峡フェリーに乗船させていただき、函館青森間の鯨類調査をしました。津軽海峡フェリーのみなさんいつもありがとうございます!

さて本日の目視結果は、カマイルカ28群134頭、種判別できなかったイルカ類3群5頭で
計139頭ものイルカを見ることができました!

1年という短い目視調査歴の中ですが、今日は一番幸せな目視調査でした。天候はおおよそ雨でしたが、海が穏やかであり、波の立っていない凪の中で目視調査を行うことができました。

陸奥湾の入口付近では、フェリーの近くで様々な方向に飛び交う多数のカマイルカの群れに遭遇し、それはまさにイルカのパレード見ているようでした。

これからもたくさんの鯨類を見られるよう目視調査頑張ります!



図1.png
posted by 北海道大学鯨類研究会 at 20:05| Comment(0) | 新・目視のページ(2013.11月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

目視報告 5月20日 的場・梶・平野

こんにちは!北海道大学鯨類研究会です。

今日の目視結果はカマイルカ36群204頭でした!

カマイルカのシーズン真っ最中ということで、今日は多く見ることができした。
次々と海からジャンプして飛び出してくる様子は、エレクリカルパレードそのものだそうです。(梶)

さて、今日見れたカマイルカたちの出現場所は
・往路…(函館→青森)陸奥湾の平舘海峡付近から
・復路…(青森→函館)陸奥湾から陸奥湾側の津軽海峡まで
でした。
また、1群の数が1〜5頭までと小さい群が多かったことが印象的でした。
誠に記録が忙しかったです。

梶カメラマンが写真撮影頑張ってました。結果は自画自賛が止まらないだそうです

少しずつ良い写真が貯まるようにコツコツ頑張りましょう。

図1.png

DSC_1261.JPG

DSC_1278.JPG

DSC_1259.JPG

DSC_1273.JPG

DSC_1283.JPG
posted by 北海道大学鯨類研究会 at 20:00| Comment(0) | 新・目視のページ(2013.11月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

目視報告 5月14日 鈴木・河村・平野・梶

目視結果:11群82頭

こんにちは。鯨類研究会です。今日は当たりの日でしたよ〜。なんと行きと帰り合わせて82頭も目視することができました!!

三年生の梶君、四年生の河村さんにとっては目視調査でイルカを見るのが初めてだったようで、お二人ともとても満足しているご様子でした。

遊泳姿はもちろん、ジャンプしているところも見えてとても感動でした。目視調査の醍醐味を味わえましたね〜。

惜しむらくは、イルカの姿を写真であまり上手く写すことができなかったことですね...
今回のカメラ担当だったSさん、次は頼みますよ!

この調子で次回以降も頑張っていきましょう〜。それでは。
posted by 北海道大学鯨類研究会 at 19:26| Comment(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする